読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納得いくまで考える日記

考えたり、思ったことを書いたり自由に

【未来を恐れず。 過去に執着せず。 今を生きろ。】堀江さんの近畿大の話を聞いて

これは、冒頭が自分語りという最低最悪のエントリであり、疲れとアルコールがもたらした悪のエントリだ。

 

僕は堀江さんが結構好きである。

出会いは、多分中学2年くらい。近鉄バッファローズを買うと宣言して、テレビに出ている姿を見たときからだ。

当時、僕は野球をしていて、12球団制になるのか、新規参入があるのかなど、旧態依然の球界の変化に胸躍る思いでニュースを見ていた。そういえば、その頃から、お金がなくて大変な企業があるなんだなぁとか、ニュースおもろいなぁとか感じるきっかけにもなった気がする。

ともあれ、彼は僕の中でも時代の寵児であり、変わらないはずの世界を変えようとする起業家であった。

そこから僕は高校野球にすすみ(堀江さんは、結局プロ野球はできなかったけど、そこから堀江さんの知名度茶の間に広がったように思う。)、野球以外しない生活を送った。

大学に進んでからは、インプットにはまり(その後のアクションは、溜まった本の中で読まない奴は売るという以外、何一つ起こさない)堀江さんのメルマガに行き着く。たしか大学1年。

堀江さんは、未来を明るく語るけど、現実が忙しいし目の前のことにいつも本気で、成功させようとして取り組んでる。頭はいい人だけど、努力が必要で、人の何倍も努力ができる人でもある。そんな堀江さんが近畿大でこんな講演を行った。

www.huffingtonpost.jp

堀江さんみたいな人でも、未来はわからないらしい。自分がやっていることが成功するかもわからない。(もちろん成功させるために圧倒的努力をしてる)

彼の動画を見て、自分がここから何をすべきか改めて考えるきっかけになった。

彼の言っていることはジョブズと変わらない。点と点はつながるけど、未来を見てもわからない、振り返ったときにその点が繋がっていることを知る。connecting the dotsの件がたしかこんな感じだった気がする。

僕が実現したいことは何か、今の自分と、実現したい未来とのギャップは何か。

今やりたいことのために、圧倒的努力をしよう。