読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納得いくまで考える日記

考えたり、思ったことを書いたり自由に

ちきりんさんのマーケット感覚を身につけようを読んだよ

書評
Amazon.co.jp: マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法: ちきりん: 本

これ読みました。
んで思ったことをつらつら。

普段は無価値なことでも、実は価値があるよね。っていう感じの事を気付かせてくれる本で、そういえばと思えた事例を一つ。

私は堀江貴文さんのメルマガを読んでるんだけど、その中で堀江さんとか、その周辺の人はどんどんものを持たなくなってるらしい。
だから、オークション代行が欲しいなぁって話がありました。
もう世の中には出品代行っているけど、そんなものかなぁと読んでた。

んで、この前たまたま抽選が当たって竹中平蔵さんと、堀江さんの本が当たりました。
当選すると、本とメルマガ購読への感謝の文章が送られてくる。スタッフからだろなぁーって思います。
実は私はそれ以前に堀江さんのゼロも当選してました。
ゼロは編集のSさんという方が自腹で買ったもので、普段と違い付箋が入っていました。
Twitterより短い文章だけど、なんか嬉しかった。
でも、今回届いた本は無機質な感じで、買わなくて済んだラッキーって感じしかしなかった。

んで、はたと気づいたけど、有名人でも、自分がファンの人でもいいけど、当人がいらないものとか、ともかくその人が触った形跡があるものとかって実はなんか貰うと嬉しくて、なんかコメントがあるだけでもあったかい感じになります。

それって、1000円の本でも僕にはすごい付加価値なんだなぁと。
同じくらい値段の本が届いたのに、付箋一個で嬉しさっていう正しい価格がつけられないものがついてきました。

これってマーケット感覚かなぁ、って思いながら書いてるけど、おれ好きな作者の本にコメントが付いてくるなら1.5倍から3倍くらいまでは普通に出せるなーってピケティの本の値段を見ながらおもいましたおもいました。
あれは高いので買いません。おやすみ