納得いくまで考える日記

考えたり、思ったことを書いたり自由に

2016年のクリスマスは過ごしやすい件

昨日は、この世のカップルが下心を爆発させたクリスマスがあった。

今年は、3連休もあったので、比較的24、25に人が集中することなく、23〜25までバランス良く遊んでくれたと思う。

 

それにしても、2016/12/25に恵比寿のイルミネーションを見て、おシャンに過ごそうと思ったが、奥さんが妊娠していたので、少し警戒していた。

訳あって20時ごろに到着してしまったので、人ごみを想定していたが、電車の中も、渋谷も新宿もたいして人がいない。25日は日曜日だったのもあるのか、恵比寿ガーデンプレイスも人がいるがレストランも入れないことはないし、大して盛況とは言い難いイメージを持ってしまった。

なぜか考えてみたい。

そもそも何と比較して人が少ないと感じたのか

人が少ないと感じたのは、渋谷のハロウィンや、ポケGOとの比較である。

渋谷のハロウィン、ポケGOは記憶に新しいと思うが、とても正気を保てないほどの人の数、マナーの悪さである。歩くスピードも遅いし人も多い、ぶつかるのは当たり前。

こんな、レベルと比べると大体全て人の数は減っていると感じるかもしれないけれど。

2016年12月25日にあまり人が多くなかった理由

  1. 今年は2016年12月23日~2016年12月25日まであったので、23日から24日にセックスをしようと計画する人が多かったのでは?25日にやっても年末忙しい人が多いから大変でしょうに。
  2. カップル自体すくないのではないかなと
    以下のサイトは「出生動向基本調査」とやらから引用しているが、20~30代の男女の2~3割は童貞、処女らしい。ともすれば、そもそもカップルで楽しむ行事に人が少ないことはしょうがないのではないか。

    saras-media.com

  3. わざわざ、クリスマス料金を払っていつもより、まずく選択肢の少ない店で飯を食い、プレゼント買うことに意味を感じなくなったのではないか?

同性と楽しめるイベントのほうが人は集まるのでは?

上記の3つの理由はあまりに稚拙だが、ともあれ2つ目の、この手のイベントを楽しめる異性が少ないのでは?というのは的を射ているのではないだろうか。

世の若者の4割、5割は未経験ということであれば、わざわざこの日にイルミネーションを見に行くいわれはない。

イケてる女性が、たまたまこの時期にストックがいない場合、イルミネーションを背景に自分より劣る友人と自撮りし、彼氏いないアピールの場になるが、その他の人間にとってわざわざ同性でいくようなイベントではないのかもしれない。であれば、ハロウィンのようにあくまで同性とあそびつつ、異性との関係づくりに役立つようなイベントのほうが若者は集まりやすのではないかなと思った次第でありました。

なので、街コンのようにがっつり異性と...というよりは、ハロウィンやカウントダウンのような理由付けして同性と集まり、異性と関わるイベントがもっと増えてはやっていくのかなと思った2016年のクリスマスでした。