納得いくまで考える日記

考えたり、思ったことを書いたり自由に

幸せになる勇気を読んで

 岸見先生の最新巻《幸せになる勇気》を読んだ。

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 嫌われる勇気とほとんど内容は変わってないけど、

結構な分量で愛を語るこの本からは学ぶことが多い。

アドラーを読んでまず思い出すのは、「目的論」だ。

アドラーは原因論を否定している。それはトラウマを否定するということ。

行動や感情はその人の目的のために生み出されるということ。

つまり、今のあなたは、あなたが選択した姿なんだという、耳が痛くなる教えである。

例えば、いい人に出会えないと嘆いている人は、数多くの出会いを否定し、自分が傷つきたくないから人を好きになっていないだけだという、そんな感じの教えなのだ。

 

というのは、実は嫌われる勇気からずっと書いてあることで、今回のこの本ではいかにアドラーの思想を実践していくかが書かれている。

正直、嫌われる勇気を読んで実践しようと思っている人、実践している人は急いで読む内容ではないかなと。

ただ、もう少しアドラーを理解したいと思っていた人にはいい本なのでは?