納得いくまで考える日記

考えたり、思ったことを書いたり自由に

イタリアに行ってきた話ー日本がどれだけいいかー

ベネチアのカーニバルに合わせてイタリアに行ってきました。フィレンツェやローマにも寄れて楽しい時間がすごせました。

 

僕はこれまでグアムのような日本人旅行者が多い国には行ったことがあったのでとても驚くことがたくさんありました。

その共有と、記憶の片隅に貯めるためのエントリです。

 

驚き

・イタリア人はナンパしない。 

交通は激しいし、ルールを守る人も少ない。こうなると、みんな切羽詰まっています。だれもナンパする時間はなさそうでした。

 

・地下鉄が地獄

外装は全てペインティングされており、悪魔のような色でした。街灯は、公園のトイレ並み。中も汚く物乞いがいます。最悪というなの地獄でした。

 

・観光国にもかかわらずメニューがイタリア語のみの店がすくなくない。

ぶっちゃけ経済が強くなさそうな国でした。にもかかわらず、イタリア語ばかり表記してあり、困惑しました。日本ってかなり楽だなーと。

 

・物乞いの数と、しつこさ

まじで身の危険を感じる物乞いが多いです。普通に掴んできます。全力でNO!を突きつけます。何かを教えるふりをして近寄ってくることが多いです。シカトは聞かないので、no!を突きつけましょう。

 

・あんまり飯が美味くない

聞いていた話より美味しく感じる店は少なかったです。これは人によると思いますが、口コミで2桁にいってもそんな感じだったので、そうだと納得しています。

 

日本の素晴らしさ

上のほぼ逆です。ただ、言語の問題なのか、物乞いやスリがいない安全性からなのか、自分が安心できているだけの可能性もあります。眠くなってきたので、今後まとめます。

 

ともあれ、楽しい旅ですが、貧しい国に映ったイタリア。少し調べると楽しいのかなぁと考えております。